お薬の飲ませ方

前回から大分期間が開いて完全に不定期となっています。。。

 

投薬のやり方については様々ですが、どうしても一人でやらねばならないが保定出来ない場合などは、双方の負担を考えて一瞬で終わらせる方法がベストであると思います。

とはいっても結構失敗します。

おくすりをロスして凹むこともありました。

 

うさぎさんは美味しくないものは決して飲んでくれません。

あと気分が乗らないときも飲んでくれなかったりしますよね。

それを飲ませるのだから大変なことだと思います。

 

前置きはここまでで、早速飲ませていきましょう。

使っているのは細身のシリンジ(1ml)、中身はD-フラクションプレミアムです。

この中身が独特のニオイでして、結構嫌がります。。。

 

 

嫌なのでしょうね、とてもご機嫌ななめになりました。

こうなると大体のうさぎさんは警戒モードに突入してしまい、しばらくは近寄ることもできなくなりますよね。

なのであらかじめ大きく逃げられないケージ内などで行うことが良いと思います。

 

では飲ませます。

 

 

頭の後ろに手を添えて、前歯の横からシリンジを差し入れて飲ませるのですが、分量は多過ぎずに与えることがポイントです。

水で溶いて与えるおくすりの場合でも、0.5ml程度が良いと思います。

勢いよく飲ませるのが恐いときは少量を何回かに分けると良いかもしれません。

 

 

投薬のやり方は様々で、その子に合った方法を模索していくことも大切なことだと思いますので、色々な方法を考えてみるのもまた楽しいかと思います。

1